コメント

  1. なんでも食う犬 より:

    不可解な鯨の保護で湾内に乱入とか腐敗したまま漂流とか船舶に体当たりするとかそういう確率が増えるってのもある。
    ゲイ…いや、失礼、鯨保護論者はちゃんと理解できてるのだろうか?

  2. 干し芋のラプソディー より:

    鯨の肉を食べるのが野蛮なら、鯨油だけ抽出して残りは全て捨ててた欧州は生命を冒涜する愚者でしょ?
    鯨肉を食べるのは自然の摂理に乗っ取ったある意味供養の為。でも欧州では鯨を消耗品としてしか見てないじゃないか?

  3. No Name より:

    鯨が観光資源なのもそうだけど、南極大陸を自国の領土と考えてるから日本の調査船を追い出したいってのも豪が反捕鯨の理由。保護だーとか綺麗事で隠してるだけ。

  4. RainMan より:

    オーストラリアのイメージ
    昔→コアラ( ᐛ )
    今→捕鯨にうっせぇ国( ᐛ )

  5. killy4240 より:

    豪は国益(家畜肉輸出&観光)のために、鮫が増えても気にしない。少女は無駄死にだ。

  6. cat wild より:

    くじらたべたい・・・

  7. 永嶋勝美 より:

    私は昔、ジョーズ3Dの映画を観て一時期トラウマになってしまった。(⁠•⁠‿⁠•⁠)

  8. 星のおじ様 より:

    鮫の被害に遭われた方がサメザメと泣いてますが、グリンピースと反捕鯨国(特にアメリカ)を恨んでください

  9. コティ より:

    クジラや鮫を増やすために自国民を餌とする自己犠牲愛は素晴らしい!
    日本は絶対に見習いません!
    食物連鎖で言うと
    日本人>鮫>豪人>牛

  10. 若元彌々 より:

    国獣のカンガルーは喰ってるのに、鯨がアウトは理解不能

  11. 髙山道雄 より:

    50年前、小学校の給食で、クジラの竜田揚げだったかな? おいしくて、楽しみだった。
    家では、母がつくる、クジラの黒い皮膚がついた、しろい脂身? の入った、味噌汁がうまかったな。
    子供のころ、【わんぱくフリッパー】という、イルカが主人公の、米国製TVドラマが放映されていた。
    それにしても、欧米人の、水棲哺乳類にたいする感情移入は、ふしぎだね。牛肉は、食べてもいいらしい。

  12. 特務雷霆部隊 司令 伊藤 より:

    オーストラリアの人達の頭の中は、奸酷人と同じなのかね。ビーガンの人達とも似ている気がする。
     オーストリアの人達と言うより、欧州人、特にブリカスどもがオーストラリア以外に色々やらかしているのは看過出来ない。
     サメ、狩ろうぜっ!

  13. WaX より:

    オーストラリアたたくなら「固有種のカンガルーを殺すな!」が良いと思うよ。スーパーにお肉売ってたりするからね。ま、反捕鯨というより反日の一つの形と思って見た方が良い気がする。北欧やイヌイットなんかは大して批判すらされないからね。むしろ今の問題は、経済的だったクジラ肉が彼らのせいで高級品になってしまっていることだ。

  14. 萩原正樹 より:

    因果報応ね、反捕鯨は儲かるみたいだし

  15. 三連灸 より:

    シーシェパードのアレックスパチェコが動物保護とヴィーガン団体作ってて腹立ったわ
    ケンタッキーのヴィーガンサンタの主催者団体ね

  16. 中峰満弥 より:

    人間の命より鯨の命が大切なのよね…鬼●米豪?
    裏の顔は…豚牛肉を売りたいが為の○畜米豪?

    ま、他人他国を蔑んで自身の利を優先する所業はまるで…
    嘘吐き悪行ざんまいの棒ミンジョクに酷似な○●米豪?
    まさかまさかのマッカーサー??pu!

    ゼニ稼ぎが一番の人類は皆、霊的に生まれ変わらんかい💢ワッレー💢
    nanno koccha!乱筆にて失礼しました
    m(._.)m オレ〜w.

  17. より:

    神聖視って、100年くらい前は、白人は鯨油のためにバカスカ捕鯨してたじゃん。
    しかも油取ったら用無しって処分してた。
    日本は余すところなく全て食べ、使い、ちゃんと供養までしてるの。
    というか、日本では家畜もちゃんと慰霊祭まで行われるの。
    頂いた命に感謝して。
    そういう事、オーストラリアでは……いや海外ではやってる?
    魚の供養までしてる所あるんだよ?
    日本より大量に肉食ってるけどさ。

    あ、お金と鯨やサメの命のが大事なんだったね。

  18. ki A より:

    個人的には、豚ほどかわいそうな動物はいないんじゃないかと思う。一応人間に大切に育てられ、餌もいっぱいもらって、一度に多くの子供を産んで、その子供たちは母豚のお乳を飲んで大きくなっていく。たとえ動物でも、母親ならその姿を見て喜ばないものはいないだろう。本人たちには平凡で幸せな生活に違いない。しかし、それは時が来たら、すべて食肉にされるためだて、生まれたときから運命は決まっているわけだ。豚も犬ほどの知恵があるとか聞いたことがある。もしイスラム教徒たちが、豚を殺すなと国際社会で騒いだら、国際社会はなんと答えるだろうか、おもしろいから見てみたいものだ。日本が捕鯨をする理由と同じような回答しか出来ないんじゃないだろうか。また牛は、屠殺場に到着すると涙を流すと聞いたことがある。雰囲気や臭いなどから、これから始まることを察するのだとか・・・真偽のほどは別として、ヒンズー教徒も騒いでみたら、どういう回答になるのだろうか。「いただきます」よいう気持ちを、日本人として忘れたくはない。

  19. 腹黒黒猫 より:

    イギリス人「え?あのサメは処刑用じゃないの?」

  20. 腹黒黒猫 より:

    白人さん、自分たちがクジラの油だけとって死体をポイ捨てしていた事実に向き合えない模様。

タイトルとURLをコピーしました