海外の反応 衝撃!!感動!!台湾メディアが取り上げた日本の自衛隊員の能力の凄さが分かる意外な光景の写真に台湾人から驚きと羨望の声が続出した訳とは!!海外の反応ch ステキな日本

概要

海外の反応 衝撃!!感動!!台湾メディアが取り上げた日本の自衛隊員の能力の凄さが分かる意外な光景の写真に台湾人から驚きと羨望の声が続出した訳とは!!海外の反応ch ステキな日本
よろしければ、チャンネル登録お願い致します。
 ↓  ↓  ↓
http://goo.gl/8lEIYe

「海外の反応CH ステキな日本」にお越し頂き、ありがとうございます。
当チャンネルでは、海外の反応CH ステキな日本と題して、
世界の日本に対する反応に関連する動画をUPしています。

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. ミラ・クルス より:

    無駄に美しい気がする。力の入れ所・抜き所がなく全てに全力投球してるのだろう。OFFの時はのんびりして身体と神経を癒して頂きたい。

  2. tiger より:

    古いネタ。

  3. 倭人 より:

    戦争は物量と兵の数です。今の死んだような日本人に戦争の勝機は全くない。

  4. Nika より:

    土嚢の話題が話題(笑)

  5. 荒波 より:

    何故米国が日本を恐れる必要がある?
    米国と日本は、同盟国だし日本は、米国に何かあれば直ぐに駆けつけると思う!!
    日本人は、受けた恩を忘れない!!
    世界の平和を守る為には、米国の力が無くてはならない!!
    勿英国や同盟国や友好国の力も必要だ!!
    日本人は、仲間を裏切らない!!

  6. MYM D より:

    たしか積み上げる設営スピードも早いんだよね

  7. feetbox sakai より:

    どこの国も銃弾飛び交う中で陣地の設営なんてしない、敵が来る前に設営しないと戦略上の意味がないし整地用の重機だっておちおち使ってらんない

  8. 上人雑食 より:

    陸上の施設課のお仕事ですね。陸自の土木担当、国内の災害派遣に活躍。
    メディア左翼などが違憲だなんだのとこき下ろす自衛隊ですが、実質国内の災害派遣に大活躍。
    土砂崩れなどの災害現場で遺体発掘は、熟練度の高い軍隊が必要。

  9. violet より:

    とはいえ、日本人に出来るという事は、世界中の誰だって出来る筈なんだが。そこの所、よ〜く考えてみて。「地道に頑張る」って、人間なら誰にでも出来るでしょ?

  10. 鈴木友子 より:

    ただ有難う👍

  11. より:

    コメントの『ラーメンや寿司の食べ方だけ学んでどうすんだ』で吹き出した💦

    土嚢、作った経験あるけど、ただ持ち上げるのもひと苦労なんだよね。
    それを思った通りに積み上げるって、余程訓練しないとできない事だと思う。

  12. Jugemu Jugemu より:

    BGMの音量が大きく、ナレーションの声が聞き取りにくいところがありますね。

  13. SOU N より:

    デコイとしての効果は絶大だろうな…
    逆に乱雑に積むだけで揺動としての効果も期待できる。
    そこに気がつく柔らかい頭があればだがね…

  14. 羽暮雲 より:

    まるで穴太衆の石垣造りですな。
    人は城人は石垣人は堀、情けは味方仇は敵なりですか。
    力の源泉は結局人なんですね、自衛隊は日本の最後の砦です。

  15. jyunji kodani より:

    災害派遣などで来た時に作り方を教わりました。決して難しく作るわけでは無く土の量、口の閉める位置など積み方を教えて頂きました

  16. 岡村浩司 より:

    日本の伝統を受け継いでいる自衛隊。
    お城などの石垣を見ただけで理解出来ると思う。
    20代の息子が2人いるけど、徴兵制の復活があっても良いと思っている。周囲が敵性国家だらけなのに、平和ボケがあまりにひどい!!

  17. MiFY より:

    テントの貼り方もロープの角度が統一されている。横から見ると一本のロープのようだと絶賛されていた記事や、野戦砲の設営速度に米兵が驚いたとかの記事も思い出しました。

  18. 中野善行 より:

    規律が確りして頼もしい存在🥰

  19. ルドーレイジ より:

    自衛隊の土嚢の積み方は、恐らくちゃんと土木工学を学んだ結果だと予想できます。結論からいうと『土嚢がもつ防御力を最大限に発揮させる積み方』ということです。

    戦地における土嚢の役割は、銃弾を防いだり爆発被害を防ぐことです。「なら米軍のように簡単に積み上げれば速いし効率もいいじゃないか」と思うでしょう。しかし土木工学を適用するとまったく違います。

    ただ積み上げた土嚢はひとつひとつが自由変形しきった状態で、フレキシブルが終わってしまった『落ち着いた状態』です。これ以上の変形は土嚢壁が崩れることでしか発生しません。しかし自衛隊の成形積みは違います。

    たとえば双方の土嚢壁で銃弾を防いだとします。当然土嚢は破れ、砂が吹き出し、次第に崩れてしまいます。ここで重要なのが先に書いた『米軍の土嚢壁は崩壊することでしか変形できない』ということです。すでに変形しきっていますから、砂が目減りすればその変形は”崩壊”という進み方しかしません。

    しかし成形土嚢は違います。成形されているので、砂が目減りしても変形してゆく過程が崩壊に加わります。つまり完全に役立たずになるまでの時間が長い、ということです。しかも隣接する土嚢も成形されていますから、被害を受けていない土嚢は『変形しても崩壊まで至らない』ことが期待できます。

    土嚢が受け止めるのは銃弾だけではありません。グレネードであったり砲弾の至近爆発もあります。成形されていれば全体変形することで崩壊するチカラを分散せることができますが、ただ積み上げた土嚢では型崩れに非常に弱く、成形土嚢にくらべ厚くしないといけません。

    土嚢がどのように外力を防いでくれるか、これをちゃんと理解していれば「積んときゃいいだろ」みたいなことにはなりません。幸い自衛隊には土木科というのがありますから、こうした強靭な土嚢壁を作るのは当たり前の結果になるのでしょう。

    彼らからしたら「いやいや積んだだけで強い壁なワケねぇし」といったところかも。

  20. ノエル より:

    見た目 だけじゃないよw G1・・・・・・

タイトルとURLをコピーしました