【海外の反応】遂に大天罰が下る!【にほんのチカラ】

概要

【海外の反応】遂に大天罰が下る!【にほんのチカラ】

チャンネル登録はこちら♪
https://www.youtube.com/channel/UC6QDP2YsZQKMNjnSWREKebA

オーストラリアは捕鯨に反対する団体がいるため、サメによる被害が急増しているようです。オーストラリア政府が
反捕鯨団体をとめない理由がありました…。その記事の詳細と海外の反応を紹介します。

***当チャンネルのおすすめ動画***

✅【海外の反応】中国製と日本製の違いに驚き!感動!ベトナムで建設中の日本製の地下鉄が完成。【にほんのチカラ】

✅【海外の反応】日本がカンボジアの橋を短期間で修復!!現地から驚きと感謝の声が殺到!「日本はどこよりも信頼出来る国」【にほんのチカラ】

✅【海外の反応】衝撃!日本を騙したインドネシア高速鉄道の現在がとんでもない!!親日国なのに中国の技術を選んだ末路…【にほんのチカラ】https://youtu.be/xQfAKworKlA

✅【海外の反応】「日本に追加資金を出せ‼」と、国連局長が会見で表明! 一方、常任理事国は分担金を滞納…「まさか日本!?」とは…。 【PKO】https://youtu.be/KXqeJGKqOgM

✅【海外の反応】K国軍 海上自衛隊の観艦式に招待されず…【にほんのチカラ】

✅【海外の反応】日産の強烈な『しっぺ返し』に韓国環境省が凍り付く!汚名返上を狙ったが失敗に終わる始末w【にほんのチカラ】

■引用・参考サイト
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/

■フリー素材
動画:Pixaday(フリー動画)
URL:https://pixabay.com/ja/   
音楽: DOVA-SYNDROME(フリー音源)
URL:https://dova-s.jp/ 

★ご視聴いただきありがとうございます。

good評価や、コメントをいただけたら、本当に嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

この動画は誹謗中傷を目的として、制作しておりません。 当チャンネルは著作権の侵害を目的として運営はしておりません。 何かございましたらコメント欄か下記のメールアドレスにてお知らせいただければ迅速に対処、又は、削除致します。

メールアドレス
8819yoshie@gmail.com

尚、本動画の反応コメントは個々の見解によるものですので、何分ご参考程度に留めていただければ幸いです。いつもご視聴いただきありがとうございますm(_ _)m

【海外の反応】遂に大天罰が下る!【にほんのチカラ】

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. Todo Capt. より:

    諸外国から文句が出たからと言っても無視すれば良いものを自分のエゴで日本の捕鯨を敢えて禁止にしたのは中曽根康弘だ!普通に考えて総理大臣の目は無いし成っても政権運営が満足に出来ない様な弱小派閥だから田中・大平・福田の大派閥に揉まれながら右往左往し腰が据わらず嫌われた中曽根康弘が身内のジミントウをジャパンハンドラーに抑えて貰う為にレーガンに取り入り媚びる土産の一つにしたんだ!

  2. 小林靖夫 より:

    人命やカンガルーよりもクジラやサメを大事にする国、それがオーストラリア!そのうちサメから感謝状が届くぞ、人間の美味しい肉の提供、感謝しますってね。

  3. 501 jack より:

    オーストラリア、人間よりクジラ大事ですから!
    それでも反捕鯨・・・ですね。

  4. はやしふみひこ より:

    オーストラリアで蒲鉾作れば良い、サメが沢山いるのだろうから。
    カニ蒲鉾なんぞ輸出したら、儲かるぞオーストラリア。

  5. 閻魔大王 より:

    良かったですね、自業自得ですね、良い結果です

  6. インちゃん より:

    ザマア

  7. そらいろsorasorasira333 より:

    このコメント欄、脳に水銀溜まってますよ

  8. 長久海龍 より:

    どんな命にも感謝して食す前に「いただきます」と言う。命が命を生かすことへの感謝を「いただきます」これが日本人の心。命を頂いているのです。豚も鶏も牛もクジラも頂いています。

  9. Toshi Psyto より:

    オーストラリアでサーフィンしなきゃいいと思います。オーストラリアの国策として鯨やサメを保護するなら、サーフィンしたきゃハワイとか海外に行くのがオーストラリアンの心意気。
    それはその国それぞれの考え。
    日本は日本近海に現れる鯨だけ捕鯨するので良い。魚を食べる日本人にとって近海の鯨やサメは害獣。
    鯨が絶滅する危険性が無くなった今、世界でルールを統一する必要は無い。

  10. ポーン より:

    ネトウヨは同じ動画を毎回見て飽きないよな

  11. 北明 より:

    「さかんな」と読む

  12. 石原寿子 より:

    鯨の 竜田揚げは あまり 覚えて無いのですが、、、
    子供の頃 八百屋の 店先 に 一斗缶の水の中に
    黒い皮付きの鯨のベーコン を売っていました。
    母は 薄く切って お味噌汁の中に入れてくれました。(昭和18年生まれ)

  13. キジトラが最高!夢ちゃん より:

    1ヶ月くらい前にもオーストラリアのサメの動画がありましたね。ネタの再利用がずいぶん早いですね。

  14. 探し人 より:

    🐾 「👍 180」番目。こんばんは!✋😃

  15. レベッカ より:

    韓国は未だに偶然を装って世界一クジラを殺してますが批判を聞きませんね何故だろう?日本人差別?

  16. レベッカ より:

    クジラを絶滅に追いやったのは鯨油目的で殺しまくった欧米ですが、何故か日本が絶滅に追いやったみたいなすり替えが起きてる今日この頃?

  17. 北村洋子 より:

    元々、鯨を無制限に乱獲し絶滅危惧種に追い込んだのは欧米人じゃないか!
    船舶用の凍結しない油を鯨から得るために捕りまくり、日本人のような必要以外の捕獲をしないという事をしなかった。
    それを隠蔽するために日本の捕鯨をスケープゴートにして己等の蛮行を無かった事にした。
    この無茶苦茶な言い分の押し付けが「IWC」の原点だ!
    日本は、それでも国際機関のルールに従う真摯な対応に徹し、科学的な根拠を示し続けて冷静な判断を世界に訴えて来ました。
    その我慢の限界を超え、海の無い国々までもを嘘で誘い込んで日本を叩きまくったのが「IWC」という感情組織です。
    在籍する価値が1㍉も無くなり、無駄に日本国民の血税を貢ぐ事を止めるために脱退した。
    日本のEEZでのみ商業捕鯨を再開すると宣言・・
    今後は、悲惨で酷い人的被害が南部太平洋海域で増えるのでしょう。

  18. しろくま より:

    オーストラリアは国民がサメに食われる道を選んだのですから国民の犠牲は仕方ないですね。
    潔くサメに食われて来いよ。シェーシェパードの奴をサメのエサにでもしたら良いだろ~
    日本はIWCを撤退していますので捕鯨や調査はお断り致します。

  19. Yoshikazu Funatsu より:

    私は 捕鯨反対です

  20. 星野文昭 より:

    鯨美味しいもんね~!!最近食べてないからまた機会があれば食べたいな〜なんて言ってると反捕鯨組織から狙われるかな?

タイトルとURLをコピーしました