【海外の反応】アイルランド警察の発表に現地大騒ぎ!!「日本を模範に本格導入だ」大手メディアの報道に衝撃走る!!

概要

JNWをご覧の皆様こんにちは。
パーソナリティのHananoKokoroです。
今日も海外で話題となっている日本に関する出来事をご紹介していきます。

Japan News World-世界から見た日本
チャンネル登録お願いします→http://urx3.nu/CEmN​

アイルランド警察のある発表がアイルランド現地を沸かせています。
大手メディアも複数が取り上げており、様々な声が届きました。

【著作権に関して】

この動画は特定の人物を誹謗中傷するものではありません。
また、著作権侵害をする目的で作成していません。
動画に問題がありましたらお知らせ下さい。
早急に対応、編集および削除させて頂きます。

【音楽引用元様】
You Tubeオーディオライブラリ

【フリー素材元様】
storybloks
https://www.storyblocks.com/
Pexels
https://www.pexels.com/
pixabay
https://pixabay.com/ja/

#海外の反応​#世界から見た日本​#JNW

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 荒波 より:

    私は、逮捕術を取り入れる事は、良い事だと思うが銃の携帯も必要だと思う!!

  2. スメル ナンム より:

    凶悪犯罪がそんなに多いのに
    日本の逮捕術ってちょっとなぁ…
    拳銃所持が難しいなら
    骨法の方が良いんじゃない?

  3. リテラシー1 より:

    日本の警察官が何人、
    アイルランドの警察官が何人、
    人口10万人辺りで負傷したか知りたかったなぁ。
    警察官がケガしない様
    頑張って下さい。
    アイルランドは交番あるの?。

  4. 仁平仁平 より:

    仁平 仁平

     アイルランドの警察は、警察官の意気込みで成り立っているのか‼️⁉️

     ならば一歩進んで、軍隊も意気込みで成立させたら❓️⁉️

     きっと世界中がアイルランドに習って、火器不携帯軍隊が出現して、世界中から戦争犠牲者も居なく成るぞっ‼️⁉️

     大凡、戦争とは、誰かの無理な欲望追及に始まる物だ‼️⁉️

     しかも其れが、人の表面的見掛けからは判断出来ない事に由来するのだ‼️⁉️

     人とは、「死後は無の無、空の空」「心の中は見る事が出来ない」と考える生き物だ‼️⁉️

     「どうせ心の中は見えていない」「生きている間に、欲望を実現する事が知恵有る者のする事だ」と考えて、犯罪は起こり政治レベルでは暴虐に至り、戦争も起こるのだ‼️⁉️

     「真に平和」な世界を構築するには、其所の住人が清き心を持ち、奪うよりも与える事に喜びを見出だす必要が有る‼️⁉️

     結局、其の様な世界に住まうには、当然ながら、相応の精神性を達成していなけれは成らないと言う事に成る‼️⁉️

     世界が平和に成ると言う事は其所の住人が既に選別されていると言う事に成る‼️⁉️

     「神」は言われた‼️

     「臆病者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫する者、呪いをする者、偶像崇拝者、偽りを愛する者等全て、火と硫黄の燃える池が、受けるべき報いである」と‼️(黙示録第二十一章八節)

     此が、最後の審判である❗

               では又

  5. !ハネ太郎 より:

    学ぶことは真似ぶこと。アメリカ式でも中国式?でもなく日本を手本にしてくれて光栄です

  6. 黒猫リーナ より:

    サスマタも導入すれば良いと思うよ

  7. Ojiki より:

    大阪府警は参考にせん様に

  8. 孝一 工藤 より:

    武術と逮捕術は違いますよ!
    武術は相手を倒す事を前提としているが、逮捕術は相手を行動不能にして制圧する為の体術です。

  9. 小沼浩一 より:

    アイルランドの警察官が火器を携帯していない事は知らなんだ。
    ちなみにイギリスの警察官も基本的に拳銃を持っていないそう。しかも常時、身に付けてる警棒は25㌢程度の極端に短い木製の棒。
    そして使い方は各員に教範本が配布されるだけで、殆ど訓練はしないとの事(驚)。

  10. 山本泰弘 より:

    何か勘違いをしているね柔道と柔術とわ違う剣道と剣術友達とも違うよ

  11. ki A より:

    逮捕術の種目の中に、警棒VS警棒とかがあるそうだ・・・。
    警察官同士のケンカでも想定しているのだろうか😄

  12. shyrook より:

    日本で明治以前から伝わる治安維持・犯罪者の捕縛を行う技術「捕り物」と呼ばれるものは基本的に打撃武器と相手を囲い込んで抑える戦法が主だったらしい。
    武士を含め犯罪者は刃物を使うことが多かったためか、刃物より頑丈で相手を斬ることなく取り押さえられる武器が使われた。刺又などは現代でも導入されているが。一番手軽なものが長さ180センチ・太さ3センチ径の六尺棒、または寄り棒と呼ばれた武器だった。

  13. Bit Asuran より:

    逮捕術
    他国で通用するとは 思えない

  14. k takedo より:

    基本的考えが違っている様に思える。
    過剰な暴力反対、一見正しそうな考え方。(日本もこの手の人種が増えている危険だ)
    凶悪犯に素手で戦え警察の人命は無視かよ?。
    それとも、犯罪を見て見ぬ振りさせる目的かな?。
    ソラー、警察官も人間、死にたくないから凶悪現場には行きたくないし、
    積極的に逮捕何てしない。
    忍者みたいのコメント当然、忍法雲隠れ。

  15. シロクマ より:

    国民の「銃砲所持」が法律で認められている、米国の様な国は無理だね。
    逮捕術を掛ける前に、弾丸で殺されちゃうね。

  16. ゆっくり霊夢 より:

    正義に酔った格闘技経験者が、現場の興奮のままに、暴れる素人を取り押えたらどうなるか?
    普通に考えて手足を骨折させる大怪我させたり、場合によっては殺してしまうだろう

    逮捕術とは、突き詰めたら手加減するための技術なんですよ

  17. 福神竜神 より:

    そして、どうなったの?

  18. てっちゃんタップダンスシチー より:

    外国に逮捕術何て必要無いでしょ
    銃を乱射すれば終わるんだから

  19. フムッチ より:

    と言うか日本は比較的に銃社会じゃないって事も大きい筈…
    海外は基本相手が銃で反撃をして来る事を基本だからなぁ…

    日本は刃物🔪海外は🔫だけで対応も変わるのも当たり前…

タイトルとURLをコピーしました