【大谷MVP】15勝&34HR!斬新な切り口での「MVP論」 大谷選手の二刀流の正しい評価方法とは? 米国中がジャッジを推している理由とは?【海外の反応】

概要

「今年はジャッジの年だ。いまやエンゼルスが拠点を置くオレンジカウンティの住民じゃない限り、ジャッジ以外の人間がMVPになれると思っているわけがない。信じている人もごくわずかだよ」
このように語るのは地元紙『ニューヨークポスト』のベテランジャーナリストであるジョー・ヘイマン記者です。
シーズンも最終盤に突入し、いたるところでMVP論争が激化していますが、実は現在、アメリカでは、彼だけでなく、ジャッジ選手が優勢だと語るアナリストやコメンテーターの方が多くなっているようです。

もちろん大谷選手こそMVPにふさわしいという意見もあります。
米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は、「大谷選手が過小評価されているのではないか」と自身のツイッターで持論を展開していました。
「オオタニとジャッジ論争で誤解されている点は、両者を打者として比較していることだと思う。ゲリット・コールが34本塁打、89打点だったらどう考えますか? しかも、今季の投球成績はヤンキースのエースであるコールより、オオタニの方が優れている」
(↑ここに「ダーン」を合わせて貰えればと思います)

この投稿にはファンからも「100%同意」、「この考えはその通りだと思う。オオタニは両面で素晴らしい」、「NYのバイアスは明らか」などのコメントが寄せられていました。

また、米メディア「スポーティングニュース」のライターであるライアン・スペーダー氏は、「大谷選手の1登板は、ジャッジ選手の本塁打何本に相当するのか」という非常に斬新な比較をしていました。本塁打数を単純に比較すると、34本と60本ではジャッジ選手の方が26本分リードしています。しかしその26本分と、大谷選手の投手成績を比較した時にどちらの方が価値が高いと言えるでしょうか?ジャッジ選手が57本塁打を打った時点で、ライアン・スペーダー氏はTwitterで次のように投稿していました。
「ヤンキースファンよ、ジャッジの24本塁打と、大谷の24試合先発、12勝、防御率2.55を取り替えるとどうだろう? バイアスを取って考えてみて欲しい。ここで嘘はつかないでくれ。1試合先発で6イニングを投げ2失点で抑えることは、ホームラン2本を打つよりも価値が高いということだ」

これは斬新な考え方ですよね。この考え方がMLBで真剣に議論された場合、大谷選手の二刀流の活躍が正当に評価されることになりそうです。

大谷選手は現在、エンゼルスで孤軍奮闘の活躍を続けており、投手としては14勝8敗、防御率2.47。打者としては34HR、打点92、打率.270という成績でMVPに選ばれてもおかしくない活躍を見せています。
一方でジャッジ選手は60HR、打点128、打率.315でア・リーグの年間最多ホームラン記録に迫っており、さらには本塁打・打点・打率の三冠王を獲れるのではないかとも言われています。

さて、どちらの選手がMVPを獲得するのでしょうか?

2選手とも歴史的な活躍をしていることは間違いないですが、現時点では7:3くらいでジャッジ選手が優勢といったところでしょうか。

今回のMVP論争について深掘りしていくと、ジャッジ選手が優勢である背景には、「ドーピングに頼らない記録の重要性」や「MVPを剥奪された過去」など、さまざまな理由が見えてきました。

というわけで、今回の動画ではジャッジ選手が優勢かと思われているア・リーグMVP論争について、様々な意見を紹介しながら考察していこうと思います。

「リーグ最高の打者 VS 歴史的最高の二刀流選手」という比較は、非常に複雑でありMVP論争はとても難しいので、今回の動画をご覧いただきながら、ぜひMVPに関する皆さんの意見をコメント欄にお書きください。

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 深堀忠朗 より:

    ジャッジが取るで確定でしょう。
    ただ、大谷は今後破られないだろう記録を立てたから(本人が更新するかもしれないが)
    100年後位に、何故大谷がMVPにならなかったのか論争が起きるかも。

  2. 平和世界 より:

    ジャッジは捨て子から成り上がってるストーリーもいい それに対し、大谷は英語を少しも喋らない やっぱりファンやベースボール界にリスペクトを示すなら 英語をしゃべるべき 下手くそでも間違ってもいいんだよ 気持ち、心、ハートの問題なんだ!一言でもいい『What’s up SEATTLE!』と言えばいいんだ

  3. suoguy より:

    どちらも素晴らしい。比較の客観的な手法と重み付けについて、投票者、ファンで一定の合意が出来ないと受賞者、受賞を逃した者ともに気掛かりが残りそうな気がする。悩ましい。

  4. かにたま より:

    打者は個人競技だけど、投手の勝ちはチームによるから評価が難しいだろうね

  5. たくま より:

    取ったことない人にあげるのでいいよ

  6. ロク より:

    Ohtaniは今までにないスペシャルな存在と、役割である。
    十中八九MVPはJudgeである
    が、新たな価値観を提供しMVP予想を盛り上げていることに価値がある。

  7. 平和世界 より:

    日本人の大谷贔屓のほうが圧倒的に悪質。ジャッジを不当に評価しているよ
    恥をしれよ☝️😡

  8. イワ神 より:

    9月25日時点でのMVPオッズはジャッジが1.005倍で大谷が26倍
    去年の11月3日時点でのMVPオッズは大谷が1.02倍でゲレーロjrが13倍だった
    オッズを見る限り、アメリカではジャッジのMVPは確定であとは満票かどうかという雰囲気

  9. ショーペソハウアー より:

    ジャッジから打者大谷をひいた存在とリーグトップ5に入る先発投手である大谷(平均WAR1位・FIP1位・奪三振率1位・防御率4位)を比較したら後者の方が優れていると思います。
    WARはジャッジの方が高いという意見もありますが、個人的には投手と野手のWARは算出方法が異なるので単純比較できないと思ってます

  10. Boms-Shooter より:

    史上初の記録を持たない選手が、史上初の歴史を築き上げた選手より勝る事があれば、
    MVPの権威が失墜したと言われても仕方がないだろう。

  11. スキップ野郎。 より:

    大谷「そうか、よっしゃ分かった来期は守備もやるか」てライトを守る未来がみえた。

  12. cruz より:

    ステロイド派のマグワイヤさんが偉そうにコメントしてるのは笑える

  13. 川 山 より:

    選び理由や基準が明確じゃないし、伝えてないし、二刀流とかDHとかどうするのも決めてない?去年シーズン終わって議論し基準決めてないと、あと数年揉める。MVP二人選ぶのもあり、MVP盗んだとか言う人居るし

  14. JuelBox より:

    投手と打者を同じモノサシで測ることはできない。数学と英語の点数を比較するようなもの。
    そこで各々の偏差値を考えてみる。
    20勝=50本塁打
    15勝200奪三振=40本塁打

    投打の成績を偏差値で考え、それを本塁打数のみで比較すれば、大谷の本塁打相当分は、40+34=74本。ジャッジなんぞ大谷の足元にも及ばない。

  15. のか より:

    ちなみにジャッジ派大谷が何本ホームランを打てばジャッジ超えするなかな?

  16. のか より:

    斬新だけど、シンプルで分かりやすい!ただ三冠王というのもあるもんな〜

  17. LillyRush より:

    よく大谷は守備につかないじゃないかというヤンキースファンの声があるが、お前んとこの投手って投げない日は守備についてるんか?と言ってやりたい

  18. telly Ikeba より:

    MVPを二人出してはいけないのかなぁ?

  19. キャブジョン より:

    WARについて理解できました。大谷だけでなく今後二刀流の選手が登場することも考えて、WARを変更すべきですね。

  20. garam_surya真相 より:

    シンプルに二人をMVPとして称えればいいだけ。

  21. 匿名 より:

    今のアメリカ人「ジャッジがMVPだろ」
    20年後のアメリカ人「どうして二刀流でこんな成績を残してる歴史的な選手がMVPに選ばれなかったんだ?おかしいだろ!」

    って言ってそうw

タイトルとURLをコピーしました