【海外の反応】大谷翔平にノーノー阻止のリバン・ソトの謝罪の言葉への対応に世界が衝撃…セフティースクイズで4点目演出も15試合連続ヒットの4打数2安打でアーロン・ジャッジとのMVP争い激化も

概要

大谷翔平にノーヒットを阻止できなかったリバン・ソトの謝罪の言葉への対応に世界が衝撃…アーロン・ジャッジとのMVP争い激化も

●関連動画●

【海外の反応】羽生結弦がイリア・マリニンの4A成功に放った言葉に世界が衝撃!ミヤギテレビOH!バンデス生出演で中国ほか海外からも驚愕の声

【海外の反応】羽生結弦が「年内2公演の実施」の“衝撃プラン”に世界が驚愕…初の単独アイスショー「プロローグ」を11月4&5日横浜ぴあアリーナMMと12月2&3日フラット八戸で実施と新解説SNSで発表

チャンネル登録よろしくお願いいたします!⇒ http://www.youtube.com/channel/UC6uOPgxF6sDP05Y3DraTfhQ?sub_confirmation=1

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. Y.U より:

    もう!😭
    ありがとう😭
    ありがとう😭
    ありがとう😭

  2. 中村光男 より:

    弱いチームからmvpを出すべきでないという記者に一言。
    それなら皆強いチームに行きたがる。結果、強いチームがより強くなり弱いチームはより弱くなる。
    これはチーム力の均衡を図るドラフト制を否定し、お荷物球団を製造し、野球をつまらないスポーツへと導きます。
    さらに個人の努力と結果を否定さえしています。冷静な判断が求められます、記者は。

  3. 渡邉秀明 より:

    二人が本当に凄すぎ♥️

  4. 浅見幸長 より:

    はっきり言えば!
    ジャッジ選手は、年間、60本以上、打率も、他諸々も、素晴らしい成績です!         大谷翔平選手は、それを凌ぐ、歴史的な、事ですから!比べること自体 おかしいかなと思います、それなら二人(ダブルでも良いのではMVP)と思います、二人とも、凄い選手なのですから!ダブル受賞、お願いしたいですね!

  5. bbb aaa より:

    ここで大谷とジャッジを投打にわたって総合的に比較してみよう。
    ジャッジ:本塁打61本、本塁打を除外した安打数113本、打点130 大谷:本塁打34本、本塁打を除外した安打数122本、打点94。
    両者を比較すると、本塁打で27本、打点で36打点上回っているが、安打数では大谷が9本上回っている。一方投手成績を比較すると、ジャッジ:全て0、大谷:15勝、奪三振213個。
    総合的に見たら普通にノーノ―無しでも大谷の方が上回っている。投手の1勝は本塁打2.5本(15勝なら本塁打37.5本)に相当するのだから。

  6. 雨の基地 より:

    でもマリスが61本うった時はボロクソにたたかれたらしいね。恥ずかしいコトだ。今回のMVP選考が何十年後に恥ずかしいことにならなければいいね。

  7. Yoshikazu Jitsumori より:

    ソトがアウトにできなかった瞬間から、大谷は「どうしたら気にしないでリラックスしてもらえるかな?」なんて、対応を考えていたんだと思います。 だから次ヒットを打たれた(まさかわざとヒットを打たれたとは思わないけど)様に感じます。

  8. チョコボール より:

    [『打たれた自分が悪い!』これがMVPの台詞!

  9. Fiy00003 より:

    ベラスケスならなんなくさばいていただろうな。ベラスケス故障中という不運。本当に不運としか言いようがないな

  10. 淳マカロニ より:

    ロジャーマリス?誰…の記録を越えようとしているジャッジ
    ベーブルース…教科書にも乗ってて誰もが知ってる野球の神様を越えたとされている大谷翔平
    MVPをそんな大谷翔平が取れなかったら
    もうメジャーは見ないことにする
    判断基準おかしいだろ🗽

  11. wat skl より:

    二本目のヒットは
    ソト選手に君は悪くないよ
    大谷がヒットを打たせたような
    気がした

  12. マニア パイロン より:

    ベラスケス選手なら取れる打球だと思い見ていました。
    新人とはいえソト選手の打球に対する反応が遅いです。

  13. toreo bbban より:

    「ノーヒット・・」達成していたら「互角の勝負」になったかもね

  14. 少年ジェット より:

    二人のMVP争いで論戦がヒートアップしているがMLBの組織としてはうれしい悲鳴だろう。

タイトルとURLをコピーしました