【海外の反応】「日本のISUZUという車は異常だ…!」インドネシアの大洪水で日本車のとんでもない光景が写されSNSで世界中に拡散!

概要

■フリー素材

動画:Pixaday(フリー動画)
URL:https://pixabay.com/ja/   ​
音楽: 『甘茶の音楽工房』(フリー音源)
URL:https://amachamusic.chagasi.com/

■参考記事
http://sow.blog.jp/archives/1079278634.html

★ご視聴いただきありがとうございます。
good評価や、コメントをいただけたら、本当に嬉しいです!
よろしくお願いいたします。

この動画は誹謗中傷を目的として、制作しておりません。 当チャンネルは著作権の侵害を目的として運営はしておりません。 何かございましたらコメント欄にてお知らせいただければ迅速に対処、又は、削除致します。

尚、本動画の反応コメントは個々の見解によるものですので、何分ご参考程度に留めていただければ幸いです。いつもご視聴いただきありがとうございますm(_ _)m

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 大和damasii より:

    作り話としてはまあまあ面白い。様子を見に行くだけなのに、腰まで水に浸かってしまった点で、アウト‼️

  2. 奥田圭亮 より:

    ISUZUに限らず日本車、日本製は素晴らしい。設計、生産は「儲け」よりも乗る人使う人の「安全と幸せ」を優先しているからです。日本人の大和魂にあらためてリスペクトですね😃

  3. 少年ジェット より:

    日本車は売りっぱなしじゃなくアフタケアがしっかりしてるからね。

  4. 田中太郎 より:

    まぁISUZUに関わらずマフラーが塞がらない高さまでであれば
    大抵の車は走れるがな

  5. ペンギン より:

    日本の消防自動車の改造前のメーカーは、「いすゞ」と、「日野」。
    と、考えたら、「いすゞ」が多少の水の中ガンガン走るのはあたり前かと。
    と、話をしたらどんな反応になるかなぁ。
    日本ではもう、つかわれなくなった消防車を海外へお渡しする。
    その時メーカーが書いてあれば見てください。
    「いすゞ」か、「日野」です。

  6. 私ポップなメス豚です。 より:

    いすゞは大型車にめっぽう強いイメージ

  7. Angel Peachs より:

    そう思ってしまうのは致し方ないのかもしれないけど、日本車(ISUZU)だから出来た事では無いですけどね。
    JAFの試験だと水深がセダンタイプで30cm、SUVタイプで60cmで時速10kmでなら走行可能みたいだけど、一度水に浸かった車は電気系統のショートで火災を起こすことがあるそうなので対策をしていない車では止めておいた方が良いでしょうね。(因みに、ランクルの渡河性能は70cm、ランドローバーは90cmある車種もあります)

  8. tukemono nozu より:

    ハイテクは水に弱い、過去の技術は洪水はあるもので設計したものだ。濡らしても大丈夫なものと絶対に濡らせないないものを区別して製造されているからだろうね。縄文文明の技術も優れていたようだしね。

  9. M J より:

    インドネシア、高速鉄道は、中国製!この記事を、インドネシアの政治家が、見ていたら(笑)失敗して学ぶ!

  10. nano-chan より:

    トントントントン ISUZU 2トン♪
    トントントントン ISUZU 2トン♪

  11. milk より:

    この動画を見て、いすゞの自動車だから浸水しても大丈夫と水の中入ってエンジン停止で死者でも出たらどうするんだ。
    エンジン車は吸気口、マフラーが水没したらエンジン止まる。吸気口、廃棄口を高い位置にしてある車はかなりの水深の所まで走れる。
    このエピソードはいすゞの車だからではなく、深い水深でも走れる車だからってだけでしょう。

  12. TheYamatou より:

    日本車や日本の製品が出はなくそうでないと買ってくれない日本の消費者が主役なのです。日本でなぜがいこくのせいひんがうれないかがとわれますが、  その死品の品筒が日本の製品に負けてしまっているので、ほかがどうであっても見向きもされないのです。日本人はより良いものを求めているわけではないのです。ただある一定のレベル以下のものには関心がないだけです。そのある一定のレベルがほかの国にとっては高すぎるのでしょうね。 日本人にとっては値段よりもある一定の品質が条件になっています。その次が値段とか好みだったりするわけです。
     だから、日本で売られている製品はある一定以上の品質でなければ残っていないのです。 日本で売られているものは確かです。 日本製でも日本で売れないものは外国向けに売られているかもしれませんので、あくまでの日本の市場で勝ち残っている製品ということになります。逆に外国製でお日本で売れているものはある一定の品質を満足しているはずです。 この意味で、世界中に通用する製品かどうかを日本でテストマーケティングして、確かめるメーカーもあります。 日本で大丈夫となればあとは値段とデザインだけとなりますから、その市場に向けた戦略が立て易くなるのです。

  13. NARIKEN より:

    HINOさん、どした?生きてっか?

  14. pied piper より:

    なげーよ。。

  15. Pharos Nearco より:

    30年も昔の話しだが、鉄鋼会社の研究所に勤めていた友人がバンパーの試験をしてた時ISUZUだけ測定不能だったと言っていた。測定装置の能力の限界を超えてたらしい。それだけISUZUのバンパーは丈夫のようです。

  16. 月輪之磊三チャンネル より:

    実際は、日本車は、値段からすると、めちゃくちゃ安いクオリティが高い物らしいな、だから、日本で働こうとにかくするとがく然とするらしい、安すぎる😢って感じになるらしい、車が安く供給されるのは、1部は、日本のお陰のような所ある、明らかに安すぎる価格で無理矢理勝負する感じかな?実は日本製品ってクオリティの割りに、めちゃくちゃ安すぎる製品なんだよな、日本の人に発展途上国の人にって想いが伝わるから良いな、

  17. けいハント より:

    いやーー結局エアクリーナーがどこにあるか?よー国内の2トントラックはほぼフロントバンパーにあるからねー今回の台風14.、15号でもかなりの消防団が水没させてるて、消防団はトラック素人多いしねー

  18. Dai K! より:

    ヒュンダイ車じゃなくって良かったね!

  19. Cama Betty より:

    C国の電子レンジ、一日で壊れた⤵️⤵️

タイトルとURLをコピーしました