【海外の反応】「おい、あれ日本の車じゃないか!?」アメリカのパトカーVS軽トラ!海外で人気の日本の軽トラがアメリカでカーチェイスしていると話題に…。130万回再生で世界中に拡散w

概要

【海外の反応】「おい、あれ日本の車じゃないか!?」アメリカのパトカーVS軽トラ!海外で人気の日本の軽トラがアメリカでカーチェイスしていると話題に…。130万回再生で世界中に拡散w

🔹これからも動画を視聴頂ける方はチャンネル登録お願い致します。
https://www.youtube.com/channel/UC2aRmdL5enWb9GElkpY2KZw?sub_confirmation=1

=============================

【当チャンネルの重要な案内】
※登場する人物は仮名です。実在の人物や団体などとは関係ありません。
※当チャンネルのコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事は法律で禁止されています。

その点をご了承いただき、
当チャンネルの動画をお楽しみください。

BGM引用元様
http://dova-s.jp/
MusMus
http://musmus.main.jp/
http://www.music-note.jp/
ポケットサウンド
https://pocket-se.info/

びたちー素材館

#リスペクトジャパン2 #海外の反応

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. Jugemu Jugemu より:

    日本人が実用的に使っている製品が他国で認められないわけがない。
    これまでだってボールペンなどの文房具、ライター、トイレなんかがスゴイ!と認められてきたけど、もっともっとあると思うけどな。

  2. 福島真一 より:

    軽トラのシートが倒せるならば快適なんだけどな❗

  3. MiFY より:

    軽トラとアメリカのパトカーのカーチェイスを観て、思わず笑っちゃいました。わずか数十秒の動画でしたが、後で40〜50Kmくらい逃走したと知ったとき、よくそんなに逃げられたものだとおどろきましたが、この記事で細道などを逃げ回したとのことがわかりました。誰かのコメにもあったけど、ほのぼのチェイスですね 😊

  4. コーギー より:

    ヴィヴィオやアルトワークスやミラターボとかでやって欲しいです。

  5. GK より:

    軽自動車を米国内で生産出来ないんですよ。と言うか製造が認められないんですよ。
    米国の衝突安全規格が、大型ピックアップを基本にされているので軽の様な紙装甲では規格をクリアできないのですよ。
    企画をクリア出来る様に車体を変えたら、軽のメリットが飛んでしまう。重くなって660ccのエンジンではまともに走れない。
    以前自動車雑誌で軽をアメリカで売るにはって言う記事があって、売れる様に修正した創造図が載っていましたが、すごいトップヘビーでバランスが悪い世紀末仕様さながらのデザインになっていました。
    だから、25年ルールで衝突安全基準が適用されないクラシックカーとして走る様になってやっとこ使われる様になった様です。
    州によっては、バギーと同じオフロード車として登録できる所もあるそうですがハイウェイを走れないとかデメリットがあるとの事。
    まぁ、悔しかったらビッグ3が軽規格で車作ってみろって言いたい。大きい事は良い事だって作ってる連中が、小さくて必要十分って言う車は作れないだろうなぁ。

  6. 俺メモ より:

    ガソリン代高いな、単純な額面では日本と変わらないとはw
    (マックのバイトが時給2~3千円で、物価水準の違いは大きいけど)
    エアコンの効く乗り物では最小だろうし、夏場では大きいからな。。

  7. ムーミンb より:

    ただし、安全性、衝突安全性は見る目も無いけどね!

  8. 結城里音-YUUKI RINON- より:

    「さぞ、気合が入ってる」
    まぁ、たしかに気合が入ってるだろうねw
    軽トラだし……
    ウサギとカメだよね。
    日本車好きのYou Tuberのスティーブさんっていう人がいるんだけど、その人も軽トラ持ってるからね。その親友は黄色のToday乗りだし、牧場内は日本車、牧場外はアメ車な人は多いと思いますよ?w

  9. レスター より:

    日本の中古車が売られているのはアメリカだけではなくロシアウラジオストクにも新車は輸出規制の対象で現状では販売されていないが中古車は対象外ということで大量の中古車がウラジオストクに送られて現在センターに入りきれなくなったため陸揚げ待機中の車も貨物船の上で待っている状態だそうです。

  10. Take s より:

    バンパーガードとかロールバー無いと事故ったらぺしゃんこだけどね

  11. hiro itoi より:

    まぁ、140km/hは軽の乗用タイプでないと出ないけどな。 米や肥料など重い荷物を積むことあり、ギア比が低速向けになっているからエンジン回転が簡単に上がり切ってしまう。 特に4WD車は荒地やぬかるみからの脱出用に一層ローギアードになる。 燃費は15km/L以上走れば上等。 スズキの農繫仕様ならリミテッド・スリップ・デフまで標準仕様。 米国の広大な農場内で使うには、なぜかマッチしている。
    室内空間が狭いことで冷暖房も意外に良く効く。

    日本で2ndカーとして乗るなら新車がいいでしょう。100万円前後するけど新しいのはABSも付いてるし、ABS装着車が主流になってしまった環境では、他車と制動距離が合わないのは怖い。AT車全盛時代のマニュアル車にはヒルホールド機能も必須。 登り坂で止まっても後続車は距離開けてくれないからね。

    ローギアードになってるので過積載する農家もあるみたい。 米や肥料は重いから、すぐに500kg積めてしまう。 1t以上積んで異常なロールでフラフラ走ってパトカーに検挙されるニュースも見ました。

    公道ではルール違反になるけど農地などで過積載する場合は、オプションの強化板バネに交換し、タイヤもサイドウォールが丈夫なものに交換しないと安定して走れません。対策すれば5~600kg程度までならロール性能には問題ないかな? でも制動力も過積載では設計外になるので要注意。 農地と倉庫間とか公道外でないと違反になりますが、パーツは売ってるんだよね・・・。
    ま、普通の人は350kg分の荷物を積み下ろしするだけで疲れるから、過積載なんてしませんけどね。何回かに分けて運べば済むことなので・・・。

  12. 飛鳥 より:

    米国の安全基準を日本の「軽自動車」でクリア出来ません。
    左ハンドルにするだけでは駄目なんですよね。
    ハンドル位置を反対にするだけで外国で売れるんなら、日本の車メーカーは既に実現しています。
    無責任な動画の締め方、しないで下さい。

  13. イズズ より:

    アメリカで工場を!がんばれスズキくん‼️

  14. アリア より:

    農道のFerrari

  15. HIMITU より:

    アメリカは自国の部品を40%以上使用した車以外売る場合、高い関税をかけられた上、輸入台数も制限されてしまいます。かといって軽トラは薄利多売商品なのでアメリカの現地生産では利益が上がらない。このため、アメリカでは中古でしか手に入らないらしいです。

  16. 原澤俊介 より:

    二輪車感覚の車なんだろうな

  17. Rdwarf より:

    日本の舗装路を走る分には「え~軽トラ?」と思うかもしれないけど、砂利道や悪路(しかも大体細い道)を走るときは四駆の軽トラは実に便利なんよね。アメリカの農場なんてまさにそんな条件なんだろう。

  18. こしあんルーレット より:

    へ~農家さんの必需品がねえ😳何でも大きいことがいいことではない、だね。カーチェイスの話は笑ったw

  19. 冬眠したい より:

    去年、軽を買い替えたんだけど、買取価格が上がってるようで、需要は高いみたい

タイトルとURLをコピーしました