【海外の反応】『日本の少年漫画には感銘を受けてばかりだよ』凄過ぎると海外で驚きの声!!【世界のJAPAN】

概要

<タイトル>
【海外の反応】『日本の少年漫画には感銘を受けてばかりだよ』凄過ぎると海外で驚きの声!!【世界のJAPAN】

<関連動画>


【海外の反応】『日本のアニメには感銘を受けてばかりだよ』凄過ぎると海外で驚きの声!!【世界のJAPAN】

<引用>
■参考サイト
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/

■フリー素材
動画:Pixabay(フリー動画) URL:https://pixabay.com/ja/
音楽: DOVA-SYNDROME(フリー音源) URL:https://dova-s.jp/

この動画は誹謗中傷を目的として、制作しておりません。
当チャンネルは著作権の侵害を目的として運営はしておりません。
何かございましたらコメント欄か下記のメールアドレスにてお知らせいただければ迅速に対処、又は、削除致します。
→nosotube35★gmail.com (★を@に変更してください)

尚、本動画の反応コメントは個々の見解によるものですので、
何分ご参考程度に留めていただければ幸いです。
いつもご視聴いただきありがとうございますm(_ _)m

#世界のJAPAN
#海外の反応
#少年ジャンプ

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 境田浩二 より:

    江口寿史のすすめパイレーツ!が好きだった。チャンピォンのマカロ二ほうれん荘と双璧を成すギャグまんがだった❗️

  2. 肩乗りネコ より:

    BLEACH終わって以降ワンピースしか見てなかったから鬼滅の刃知らなかったw
    ジャンプ買っていたのは昔の話

  3. スズキ より:

    0:19 ジャンプばっかり..._| ̄|○

  4. mana S- より:

    ドラゴンボールが入ってないぞ!

  5. m urt より:

    色紙にあんな短時間に描いちゃうからな

  6. mkone gradios より:

    日本の漫画家の多くに言えるのがスクリーントーンの鬼がいっぱいいるということ。
    PC使った作画は増えてるけどカラーじゃなくモノクロの原稿が今でも圧倒的に多が、モノクロであそこまで色をイメージさせるのは日本独自の技術だと思う。
    知ってる作家で1ページに恐ろしいほどのスクリーントーン貼ってた人もいたからね。
    しかもカラー原稿とイメージが全く変わらないというのが凄まじい。
    あと逆に背景を全く書かないことで魅せる表現も生まれているのが面白い。
    川原正敏の修羅の門とかが代表かも。

    欧米だとカラーかベタ塗りであまり立体感のない絵が多い。
    遠近法の技術で奥行きを出すようにはしてるけど、全体的にのっぺりした印象は拭えないように思う。
    この辺りが日本と外国の漫画の技術に大きな差異が有る部分かもしれない。

  7. 猫バカアル中 より:

    ジャンプなら「魁‼️男塾」を忘れて無いか?
    後、個人的に「ヘルズウォーリアー魔王」ってギャグマンガが好きだった。

  8. より:

    わかってないな漫画とはどれだけ読者を魅せられるかどうかなんだよ。

  9. micchy より:

    漫画って、ジャンプだけじゃなかったんやなぁって改めて思いました。
    好きなのがジャンプ以外にも多数ありました。

  10. 優稀 勝田 より:

    日本の漫画のおかげで、日本の自衛隊員たちを応援していた伝説も、
    あるぐらいですからね。(サッカー漫画の『キャプテン翼』)
    他の軍隊がびっくりして、どうなっているんだと聞かれて、困惑していました。

    おかげで?自衛隊といっても、他の国々では軍隊と呼ばれているし、
    災害などで駆けつけると、歓迎して喜ぶ国が多いですね。

    国会でもある漫画(沈黙の艦隊)で、話題にのぼることもあったし、
    漫画からアニメなって、ある国の舞台になったことで、
    その国の人たちがびっくりしたそうですね。
    (アルプス少女のハイジ・母を訪ねて三千里など)

    SF漫画やスポーツ漫画から、現実化になっている事もあり、
    何十年後は、日本の漫画が、予言書と認められる日がくるかも知れません。
    なって欲しくない作品もありますが・・・日本の漫画は世界でも有名なんですね。

  11. 岡村浩司 より:

    画力評価は難しいが、皆さん一流のプロ。
    売れてはないが自分の好みの作品が、どんどん売れていくのをみるのが楽しみではある。

  12. Session Club Japan より:

    年代別「少年ジャンプ」連載漫画、あれ?と思ったのは世界からトップ支持レベル「ドラゴンボール」がないね。圏外だったのか。

  13. かまちゃん より:

    Drスランプには触れてるのに、ドラゴンボールには触れていないようです。あと、デスノート。どうでしょう?

  14. Side West より:

    自分的には、どちらかというと「青年誌的な作品」が好みだったので「サンデー」、「マガジン」・「チャンピオン」派でしたね。
    「少年の成長を描いた作品」より「社会的な問題を取り上げた作品」の方を多く目にしていましたね。
    そんな中で「チャンピオン」に連載されていた「ブラック・ジャック」は別格でしたね。
    この動画で紹介していた作品と同時期に連載されていた作品を比較してみると良くわかりますよ。😀😃😄

  15. Tensai5516 より:

    江口寿史、鳥山明、高橋留美子。

  16. 珍国際 より:

    画力じゃなく個性って思って欲しい。

  17. BROKEN JOKER より:

    70年代の『サーキットの狼』は“スーパーカーブーム”の呼び水となり、この洗礼を受けた人達が80年代後半~90年代前半のF1ブームを支える一翼を担ったのも確かだと思います。
    また、『キャプテン翼』のヒットがなければJリーグの創設も遅れていたかも知れません。
    他の方も挙げていた『はだしのゲン』は作者自身が広島原爆の被爆者だからこそ生まれた作品であり、これを世に出したのは当時のジャンプ編集部の英断と云っていいと思います。

  18. 龍一 中西 より:

    前回に続き今回も集英社のみ…
    やはりうp主さんと集英社には黒い繋がり…
    全て当てはまるとは言わないけど集英社に連載される漫画ってドラゴンボール以降のヒーロー系はバトルスパイラルに陥ってストーリーそのものの面白さって薄くなりがちなんだよね
    純粋なシナリオの面白さだとなろう系小説家のくまなの先生の「くまクマ熊ベアー」やFuna先生の「ポーション頼みで生き延びます」等が面白いし、ヤンマガ連載中四葉タト先生の「パリピ孔明」やモーニング連載カルロ・ゼン先生(幼女戦記の原作者)の「テロール教授の怪しい授業」なんか独創性が溢れまくってます。
    更に日向夏先生の「薬屋のひとりごと」はアニメ化よりドラマ化が先になるかもと噂されるくらい面白いストーリーになってるのに何故うp主さんは集英社にしかスポット当てないのかな…
    修行→強敵撃破→さらなる強敵出現→修行を繰り返すバトルスパイラルに陥った漫画は正直面白いと思えるのは一度目だけ
    長年繰り返し見直しても面白いか?と問われたら答えは
    子供なら楽しめるかもだけど大人は一度見れば十分、繰り返し見直すほどじゃないという意見が多数派になるのではないでしょうか
    今後漫画を題材にした動画作成する場合、集英社だけ取り上げるのではなく他社出版の人気作品も取り上げるべきかと思います

  19. にまやにたや より:

    🍊🍊🍊🍊🍊🍊🍊毎日15時間youtube見てる俺のおすすめの漫画チャンネル
    セカイノフシギ
    むのうちゃんの日常
    あにゆりどっと
    エトラちゃんは見た
    漫画すたいる
    あなたのおすすめおしえてください!141

  20. RUKA eclipse より:

    こういうまじめなトーンの喋りでボボボーボボーボボって言われるとどうしても笑ってしまうw

タイトルとURLをコピーしました